皆さん、こんにちは!

Shokoです^^

 

 

 

 

 

ストレス解消には身体を動かすことが良いと

医学的にも証明されており

耳にしたことがいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

私も、モヤモヤしてる時は

なるべくじっとしてないで身体を動かすことで発散させるタイプ。

とてもスッキリします♬

 

 

 

 

 

そもそもストレスとは、

外的、内的な刺激によって乱された体内の変化のことをいいます。

身体に刺激が加えられると、

脳の視床下部(ししょうかぶ)が各器官へ命令をくだし、

 

 

 

 

 

❶脳下垂体(のうかすいたい)を通して分泌される副腎皮質ホルモンが、身体への影響を防御しようと、各器官の動きを制御

❷免疫系がうまく働かなくなり、免疫力が低下

❸自律神経に作用しつつ、うつなどを引き起こす

 

 

 

 

 

などの症状が現れます。

心拍や血圧があがり、身体にいろいろな影響を与えるんですね。

 

・自立神経失調症

・睡眠障害

・免疫力低下

・うつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ストレス解消に効く 基本の歩き方■

~歩くことで、エンドルフィンという脳内物質が分泌され、ストレス解消に効果が‼~

 

 

 

まずは呼吸に合わせて、ゆったり歩きましょう。

例えば、1歩目に鼻で息を吸い、3歩ぐらい歩くあいだに「ふーーーっ」と口から息を長く吐きます。

息を吐くことで副交感神経を刺激し、内臓の働きを高めて、心身のバランスを回復します。

継続的な効果を狙うためには、腹式呼吸のトレーニングもおすすめ。

 

 

 

 

 

腹式呼吸の仕方は、肩をおろした状態で、

鼻から息を吸う時にお腹を膨らませ、

口から吐く時にはお腹を凹ませます。

肩を上げ下げすると、胸式呼吸になりますから、気を付けましょう。

家や会社などで、1分間3呼吸、吸う息8秒・吐く息12秒を目標に

腹式呼吸を3回繰り返します。

これでストレスに強いからだが作れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■イライラしたら即ウォーキング‼■

~ストレスを避けることはできませんが、うまく付き合うことは出来ます~

 

 

Step1.とにかく、大きく活発に動くこと

ストレスを感じたら、時間をおかずに、すぐにウォーキングを行えば、一番効果的です。

歩くことで、うつやイライラを起こしている状態を平常に近づける、脳内神経伝達物質が出てくれます。

ほんの数分、近所を回るだけでも、気持ちが落ち着きます。忙しくて、すぐにウォーキングするのは無理な場合でも、

なるべくその日のうちに解消しましょう。

ストレスを感じたら、とにかく体を大きく動かすことです。

 

 

 

 

 

Step.2さわやかな早朝に歩きましょう

継続的なストレス解消を狙っている場合には、通勤時間が始まる前の、

静かでさわやかな早朝に歩くといいでしょう。

自然が感じられる景色のよいところで、リラックス効果を高めましょう。

 

 

 

 

 

Step.3不眠の人は、日中によく動きましょう

不眠や寝つきの悪い人は、日常の運動量が足りていないことがよくあります。

日中に、よく動くように心がけましょう。

不眠の人や寝つきの悪い人には、寝る1時間くらい前のウォーキングが、

場合によっては効果があります。

適度な疲労感を感じられるからです。

ただし、かえって眠れなくなる人もいるので、注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスと上手に付き合いながら

解消させるひとつのツールとして、「ウォーキング」是非取り入れてみて下さいね。

 

 

 

 

 

それでは。