歩き方を直すためには、まず立ち姿勢を直すことから始めなければなりません。

「静」の状態である立った姿勢を前に移動させていくのが

「歩く」という動作になります。

正しい姿勢を覚えるには、今の間違った姿勢を知って

アライメントが正しくなるように

関節を柔らかくしたり筋肉を強くすることが大切です☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「姿勢重心」をチェックしよう!

【正しい姿勢】とは??

重心の5つのポイントが一直線上になっているかどうかチェックし

ズレているポイントがあれば直してみましょう。

「え?これが正しい姿勢?」と感じる方は

ゆがみが定着している可能性があります。

 

 

 

 

 

▼重心5つ(横からみたとき)▼

・耳たぶ

・肩の先

・大転子(ももを前に引き上げる時に折れ曲がるところ)

・ひざ

・外くるぶしのやや前

これらが1つの直線状に並んでいるのが一般的に良い姿勢と言われています。

 

 

 

 

 

▼後ろからみたとき▼

・後頭部の出っ張ったところの下

・背中の真ん中あたり

・尾てい骨あたり

・ひざの内側の中心

・内くるぶしの中心

上記の線が水平に一直線になっていることも大切です。

 

 

 

 

 

正しい姿勢を作るには!

Step.1

まず、つま先はやや外向きにして、ももの内側にピッタリくっつけるようにします。

すると、重心が真ん中に集まります。O脚の方は特に重要!

 

 

 

 

Step.2

次に、しっぽを巻き込むように尾骨を引っ込めて肛門を締め、おへそを引っ込めます。

すると腰の反りがなくなり、骨盤がしっかりします。

 

 

 

 

Step.3

肩は横に開きます。後ろには引かず、上にあげないようにします。

肩を後ろにひくと顎が出て、お腹の力が抜けやすくなります。

 

 

 

Step.4

胸は一度前に突き出します。

それから胸の真ん中を中指で軽く押しながら「ふっ」と強く息を吐きます。

これが胸の正しい位置です。

 

 

 

 

Step.5

首の後ろ(服のタグ)から上にスーッと引き上げます。

すると、無理に顎を引かなくても自然な位置に顎が納まります。

 

 

 

 

Step.6

重心はやや前方にかけます。

すると、自然に体がまっすぐになり、張りが出てきます。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

やりながら、つらいな~と感じたところが弱いい所になります。

筋肉を補ったり、柔軟にしながら

良い姿勢から、良い歩行へと繋げていきましょう!