2本のポールを使用して

歩いたり、山登りをしたり、

色んな用途で使われていますが

それぞれの使用場面、目的によってポールにも様々な種類があります。

 

 

 

 

 

なかでもよく言われているのは

「ノルディックポール」と「トレッキングポール」って何が違うの?

「併用は出来ないの?」

という声。

そこでこの2つの違いを述べてみる事にしました☆

 

 

 

 

 

同じように見えるポールでも実は全然違っていた

こちらのポールと、

こちらのポール。

一見同じように見えますよね(^◇^)

1枚目のポールが「トレッキングポール」

2枚目のポールが「ノルディックポール」

になります。

どちらも同じメーカーのSINANO(シナノ)です。

 

 

 

 

 

トレッキングポールは基本的に険しい山歩きに対応できるように作られています。

ノルディックポールは平地を快適に歩行出来るように作られています。

 

 

 

 

 

大きな違いは、まずグリップ!

ノルディックポールのグリップは握った上からストラップで固定します。

ポールを後ろについて歩くアグレッシブタイプでは

ポールを着いた際に軽くグリップを離す歩き方になるので

このストラップが重要な役割を果たしてくれるんです。

 

 

 

 

 

それに比べて、トレッキングポールは

グリップを上から握ることが出来るように作られており

地面に向かってしっかりとポールを着きながら身体を支える事が出来たり

急な下り道にも対応できるようになっています。

また、トレッキングポールのグリップには手を固定する為のストラップはありません。

これは山歩きで転倒の際に、手から素早くポールが離れ

ポールによっての怪我を防ぐ目的があるんです。

 

 

 

 

 

先ゴムの形状にも違いが!

上記の画像を見て頂くと分かるように

ポールの先端の形状が

「ノルディックポール」と「トレッキングポール」とでは違います。

ノルディックポールでは

アグレッシブタイプ(スポーツウォーク)

ディフェンシブタイプ(健康ウォーク)

の歩き方があり

アグレッシブタイプでは身体の後ろにポールを着いて腕を押し出しながら歩くため

ゴムの先端が斜めの形状になっています。

ディフェンシブタイプでは安定性とクッション性を重要視し

ゴムの先端が平たいものや丸型のタイプがあります。

 

 

 

 

 

その他にも、、、

メーカーによってはポールのシャフトの太さが

トレッキングポールでは、ノルディックポールに比べ太い物もあります。

その分安定感が生まれ、険しい山歩きには心強い味方になってくれるんですね。

 

 

 

 

 

ノルディックポール、トレッキングポールをそれぞれに併用される方もいらっしゃいます。

もしかしたら専用のポールを使ってみると

効果が格段に違った!ということもあるかもしれません(*^_^*)

是非、それぞれの特徴を理解したうえで

自分の用途に合わせてポールを選んでみてくださいね☆

 

 

 

 

 

WALKITおすすめのノルディックポールはこちらです▼

Walkitオリジナルノルディックウォーキングポール

-API-202TORI- 伸縮アルミ- 90~115cm【Walkit、ウォーキット】

商品コード : API-202TORI
価格 : 9,720円(税込)