みなさん、こんにちは!

WALKITのブログを担当することになりました、Shokoです^^

 

 

私も実は、ノルディックウォーキング初心者。

はじめての人だからこそ、

これってどうなんだろう?こんな時どうしたらいいんだろう?どんな所を歩いたらいいのかな?

分からないことや、気になることは沢山!

そんな疑問も含めて、皆さんに色んな情報を発信していけたらと思います♪

 

 

――ノルディック・ウォーキングの効果って何だろう?――

実際どんな効果が期待出来るのかは、特に初心者、はじめての人にはすごーーく気になるところ!

ウォーキングよりも効果的な【ノルディックウォーキング】の利点・メリットを3つに分けて説明してみました。

 

 

 

 

LESSON❶ 

ウォーキングよりも消費カロリーがアップ!

ノルディックウォークは、2本のポールを持ってクロスカントリースキーのように行うウォーキングで、

1930年代からフィンランドのクロスカントリー選手たちが夏場のトレーニングのひとつとして行っていたようです。

次第に、手軽さと高い運動効果が注目されました。

ポールを交互に地面について歩くため、自然と上半身を使いますよね。

その為、ウォーキングよりも効果的な有酸素運動となるんです。

★酸素摂取量 12%UP↑↑
★心拍数 8~10%UP↑↑
★消費カロリー 20%UP↑↑

 

 

ノルディックウォーキングは

1時間あたり400kcal(通常ウォーキング280kcal)を消費する全身運動です。

こうやってみると普通に歩くよりも、ノルディックウォーキングの方が

運動効果が高いことが良く分かります!

 

 

 

 

LESSON❷ 

全身の筋力アップ・引き締めが期待できる!

ランニングやウォーキングは下半身の筋肉が主体となる運動ですが、

2本のポールを交互に地面について歩くノルディックウォークは、身体を支える為に上半身を積極的に動かします。

身体の約90%もの筋肉を使う全身運動が出来る他ほか、

全身の筋肉を無理なく強化することで、肩や首まわりの血行を促進させる効果にも期待が出来るんです。

身体のバランス性も向上するので、安全で効率の良い有酸素運動を行うことが出来ます。

 

 

▼ノルディックウォークで使う筋肉▼

~体の前側~
大腿四頭筋(特に外側広筋):ももの前面
前脛骨筋:すね~体の後側~
僧帽筋:肩から背中
上腕三頭筋:二の腕の後面
ハムストリング:ももの後面
ヒラメ筋:ふくらはぎ

 

ポールを使用することで、下半身だけでなく上半身の筋肉を使い

全身運動へと繋がっているんですね。

自然と背骨も上に伸びて、姿勢がよくなりそう♬

 

 

 

 

LESSON❸ 

全身運動なのに、ひざ・腰への負担が軽減!

手軽に楽しめるウォーキングも、やり方を間違えれば、ひざ・腰を痛めてしまう可能性があります。

しかし、ポールを使うノルディックウォークは4点歩行になるため、

ウォーキングと比べてひざ・腰にかかる負荷が一歩につき5㎏、全体で3割程度軽減されると言われています。

身体にやさしいから、性別・年齢問わず、長く続けやすいウォーキングですね。

 

 

ウォーキングの全身負担を100%とした場合、【ノルディックウォーク】の全身負担は

30%軽減★

身体に不安がある方にも、始めやすいトレーニングの1つかもしれません^^

 

 

 

 

今回は分かりやすい基本の説明になりましたが、

ダイエットや姿勢矯正、ボディリメイクになりそうなノルディックウォークは

私にとってもかなり魅力的です(*^^*)

 

 

 

私は以前、病院で理学療法士(リハビリ職)として働いていた経験がありますが、

良い姿勢をキープさせながら歩くことは

全身の筋肉を効率的・効果的に使うことが出来るのでオススメなんです。

 

 

 

気になられた方は、是非始めてみてはいかがでしょうか?^^