皆さん、こんにちは!

Shokoです^^

 

 

 

以前、ノルディックウォーキングの効果についての記事を掲載しました。(

近年、愛好者が急増中のノルディックウォーキング。

今回はそんな【ノルディックウォーキングの運動効果】に更に特化して

ダイエットやメタボ、生活習慣病への効果も含めお話ししていきます。

 

 

 

ウォーキングが全身運動に。エネルギー消費も20%以上アップ!
~呼吸循環器系の効果~

 

 

ウォーキングでは何となく物足りないけれど、ジョギングは辛すぎて長続きしない

こう考える人は決して少ないと思います。

ノルディックウォーキングは、そんな人たちにとって最適なエクササイズ、運動です。

ジョギングよりも少ない負担で、ウォーキングよりも高い運動効果を得られる

そんな効率の良さが、ノルディックウォーキングの最大の特徴なんです。

 

 

ここでは、ウォーキングやジョギングとの比較を交えながら、

ノルディックウォーキングの利点や運動効果を、医学的視点から考えていきます。

 

 

ノルディックウォーキングとウォーキング。

見てすぐにわかるこの2つの最大の違いは、2本のポールです。

この2本ポールを交えながら交互に地面に突きながら歩くことで、

下半身の運動が中心だったウォーキングが、

身体の9割の筋肉を使う全身運動に変化します。

さらに、ポールの助けが得られるため歩幅が広くなり、歩行速度も上がります。

 

 

有酸素運動に用いられるエネルギーは、全身の筋肉を効率よく動かして心拍数を上げながら、

酸素を十分に摂取することで生み出されます。

そのため、有酸素運動の効果を測るときには、心拍数や酸素摂取量が用いられます。

 

 

 

 

海外の調査では、ノルディックウォーキングは通常のウォーキングに比べ、

心拍数で1分間で5~10拍、酸素摂取量で12%(別の調査では23%)増えることが分かっています。

さらに、エネルギー消費量が20%以上もアップするという研究報告もあります。

 

 

 

メタボや生活習慣病の予防に効果あり。認知症を防ぐという効果も!
~有酸素運動によって期待できる効果~

 

 

こんな声を聞いたことはありませんか?

「シェイプアップにはエアロビクスがいい」

「ウォーキングやジョギングでメタボを予防」。

エアロビクスもウォーキングもジョギングも有酸素運動。

他に、自転車、水泳なども有酸素運動の仲間です。

 

 

有酸素運動は、ダイエットやメタボリックシンドロームの予防に有効と言われていますが、

これは有酸素運動によって脂肪が燃焼し、体内に蓄積された脂肪を減らす効果があるからです。

また動脈硬化の予防法としても、有酸素運動はおすすめです。

 

 

動脈硬化とは、動脈の血管硬く厚くなって弾力を失った状態のこと。

進行すると、

 

 

●高血圧・脂質異常症(高脂血症)や糖尿病などの生活習慣病

●脳梗塞や脳出血などの脳血管障害

●心筋梗塞や狭心症などの心臓病

 

 

などの原因となります。

中高年がかかりやすい病気の多くが、動脈硬化によって起こるといっても過言ではありません。

有酸素運動を続けると、動脈の弾力性が保たれるため、

これらの病気を防ぐことが出来ます。

 

 

最近では、認知症の予防に有酸素運動が有効だとする研究報告もあります。

特に、通常の歩行より少し強めの運動が効果的ともいわれており、

ウォーキングよりも高い運動効果の得られるノルディックウォーキングは最適といえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

ノルディックウォーキングの利点は、何と言っても2本のポールさえあれば、

いつでも・どこでも運動が出来る“手軽さ”にあります。

ノルディックウォーキングで日常生活の中に運動の習慣を取り入れ、

健康的な毎日を送ってみましょう。