皆さん、こんにちは!

Shokoです^^

 

 

 

 

 

みなさんは、自分が1日にどのくらい歩いているのか、考えてみたことがありますか?

通勤距離が長いので結構歩いてる!と思われている方も多いかもしれませんが

案外、予想よりも少ないものなんです。

厚生労働省が毎年、全国約5000世帯(約1万5000人)を対象に行っている「栄養調査」によると

1日の平均歩数は

 

 

男性で7797歩

女性は7168歩

 

 

となっています。

「1日1万歩」とよくいいますが、平均では1万歩に達していないのが現実です。

しかも、これはあくまでも平均値。

職種や通勤時間、駅や会社、商店街までの距離、普段の移動手段などによって、個人差があります。

また、生活習慣やライフスタイルによっても変わりますし、

休日と平日でも違います。

例えば、デスクワークの人は営業職に比べると圧倒的に歩数が少ないもの。

更に自宅で仕事をしていて通勤がない人は、

1日3000歩程度の人もいて、これは全国平均の半分以下です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★たとえ1分でも、なんらかの効果がある★

~深刻に考えなくて大丈夫。買い物や通勤するときを利用しましょう~

 

 

■正しく歩けば効果はでます

ウォーキングで効果を出すには、正しい姿勢で歩くことが1番です。

正しい歩き方さえ身につければ、最初の頃は、時間や歩数はあまり気にしなくてもよいでしょう。

普段ほとんど運動していなかった人なら、

1日たとえ1分でも意識して体を動かすと、何らかの効果は出ます。

それに毎日続けなくても、1週間に3日ほどでも良いのです。

仮に三日坊主でも、動いた分だけの効果は表れているはずです。

 

 

 

 

 

正しい歩き方を身につけるには、

まず、‟普段自分がどんな歩き方をしているのか”を知っておく必要があります。

歩き方の癖を直し、正しい姿勢で歩くことを心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■歩数は少しずつ増やしましょう

 

 

よく「生活習慣病を防ぐのには、1万歩歩くのが効果的」と言われています。

その根拠は、摂取カロリーと消費カロリーの差なのです。

 

 

 

 

 

厚生労働省によると、日本人が1日に摂るカロリーの平均は2200kcalとのことです。

しかし、100~300kcalは消費されないで余ってしまうのです。

1万歩とは、その余った300kcalを消費できる歩数なのです。

でも、普段4000~5000歩くらいしか歩かない人が、いきなり1万歩を目標にして歩いては、

かえって身体に支障がでます。

 

 

 

 

 

ですから、いつもより1000~3000歩ほど多く歩くように心がければ良いのです。

個人差がありますが、2000歩だと15~20分ぐらいです。

慣れてきたら、だんだんと距離や時間をのばしていきましょう。

 

 

 

 

 

ウォーキングは、楽しんでやることが大事です。

何日間かさかのぼってしまっても、気にしないで。

気楽な気持ちで1から始めましょう♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは。